プロミスなら家族にバレない借り入れが可能!
プロミスならお金がないから離婚できない状態を回避できます!

プロミスならお金がないから離婚できない状態を回避できます!

離婚のための資金を借りる


リスト これから【プロミス】自動契約機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ
http://cyber.promise.co.jp/

離婚を真剣に考えているけどお金がないから躊躇している方も多いと思います。 資金的な問題は当然でてくるものですが、専業主婦か仕事をしているかでも大きく変わってきます。

専業主婦の場合は、離婚後に金銭的な問題がでてくるので、即決はあまりおすすめできませんが、 プロミスなどの大手の消費者金融では、パートなどの安定した収入があれば、当座の資金を借りることも可能です。 しかも、初めての借り入れであれば、30日間無利息で借りれるサービスもあります。

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!


プロミス自動契約機検索

キャッシング申し込みでなんで借り入れ件数が聞かれるの?


キャッシング申し込みでなんで借り入れ件数が聞かれるの?

キャッシングの申し込みで借り入れ件数が聞かれるのって変に思えませんか。借り入れ件数は指定信用情報機関にアクセスすれば一発でわかるんですから、いちいち本人の口から聞かなくったって、どうせ調べるんですからわかると思います。何故借り入れ件数を業者は聞くのか解説します。

貸金業法には借入申込者に借入内容を申告する様に定められています。業者としては法律を守って申し込みの時に申告を求めているんですね。

貸金業法における貸金業者と金融庁のガイドラインに、『なんで信用情報機関で調べれる内容の自己申告をさせる必要があるのか』といった疑問が載せられていました。これに対して金融庁の答えは、借入者本人が自身の債務内容をキチンと把握しているかを確かめるため、自己申告は必要であるといった認識の様です。確かに、自分の借り入れ件数や借入額がキチンと把握できていない人に貸しては道義的責任がありそうですね。

キャッシング申し込みをするときに、なんとなく適当に借入件数と借入額を入力していませんか。申告内容と信用情報機関の内容が違っていると、審査で大きなマイナスポイントになります。正確な数字を調べて申告しましょう。 いかがでしたか。普段何気ない申し込み手順もひとつひとつ、理由があったりするんですね。申し込み内容は正確に入力しましょう。

在籍確認の電話からキャッシング利用がバレる可能性は?


在籍確認の電話からキャッシング利用がバレる可能性は?

キャッシングの審査で在籍確認が行われる時、確認をするスタッフが正確な身元を明かすことはありません。なぜなら、貸金業法には、特別な理由なく利用者の情報を第三者に伝えてはならない、という項目があるからです。たとえ身元を問いつめられることがあっても、現在ではキャッシング関係の電話だと話すことはなくなっています。

在籍確認をする場合、スタッフはキャッシングのブランド名ではなく、自分の所属する部署や会社の名称を使用するようになっています。キャッシングの審査を行う実働部署は、見かけ上はデータリサーチ会社のような体をとっているため、在籍確認の際に身元を尋ねられてもそのデータセンター名を名乗るだけなのです。よほどキャッシング業界に詳しい人でもない限り、その名称からキャッシング関係だと勘付くことはないでしょう。

また、電話を受けた会社の人が不審がって電話の目的などを尋ねた場合も、すぐにお断りをして電話を切るように指導がされています。万が一にも在籍確認が目的だと話すことはないので安心してください。会社では部署にもよるかもしれませんが、保険の勧誘などさまざまな飛び込み営業の電話がかかってくることも多いです。そういった個人あての電話のひとつとして紛れてしまうことがほとんどなので、在籍確認の電話に神経質になる必要はないでしょう。

キャッシング限度額は3か月に一回見直されている


テキスト

キャッシングの限度額は、カードを作った後はそのままずっと限度額が一定と思われていませんか。キャッシング限度額は実は定期的に見直されているんです。キャッシング限度額の見直しについて解説します。

キャッシングの限度額は、専門的にいうと貸金業法でいわれる極度額になります。この貸金業法の中の施行規則には、定期的な極度額の見直し(おおむね3か月に1回)が法律で義務付けられているのです。

極度額の見直しとは、現状極度額を与えている顧客に対して、指定信用情報機関にアクセスをして、総量規制の枠の範囲内に納まっているか確認をすることを言います。他社で借り入れをしていたら、何故か限度額の減額の通知が来たといった話はこの極度額の見直しを行っていたからです。

『A社で延滞しても、B社にはばれていないから、追加借り入れできるよね』この考え方は限度額の見直しをしているのであれば、一変します。A社で延滞すれば、A社から情報を受けた指定信用情報機関は『Aマーク』をつけますので、債務不履行予備群である事はB社にもばれてしまうのです。

最近の専業主婦のキャッシング事情


最近の専業主婦のキャッシング事情

消費者金融業界が好調だった頃は、アルバイトの人や専業主婦の申し込みも可能で、その借りやすさからそれを利用する人も多かったと思いますが、2010年に貸金業法が改正されて以降、総量規制が導入され、専業主婦による申し込みは困難となってきました。

では専業主婦は全く持ってキャッシングを受けられないのか、と言う話になると違って、最近では銀行や大手のクレジット会社等が、専業主婦用に配偶者貸付と言う貸付を行っています。 その配偶者貸付に必要な書類としては、まずは借りる方の身分証明証、これは運転免許証やパスポート等になります、そして旦那さんの収入を証明するもの、これは源泉徴収があればそれで大丈夫です。

恐らく一番大事な書類は、旦那さんの同意書、これになると思います。と言うのはいくら書類が揃っていてもこれがなければ受けれるはずの貸付が受けれなくなります。 お金を借りる事に抵抗があっても事情を説明してこれはきちんと書いていただく事が重要です。 その他にもその会社によって必要な書類は様々となります。

昔と比べて随分と厳しい時代になったなぁとは思いますが、やはり生活を破綻させないと言う事が金融会社にとっても大前提となりますからこれはやむを得ないと言わざるおえません。